裁判所による調停について

裁判所による調停

調停以外にこんな手続きの審判も


夫婦が離婚をする場合、離婚をすると婚姻をした時、氏が代わった者が戸籍から抜けます。

 

一般に男女が婚姻する場合、男性の氏に女性が変わることが多いため、ここでは男性を戸籍の筆頭者、戸籍の一番上にでてくる戸籍の主、女性がその戸籍に入ることにします。子の夫婦の間に子供が生まれれば、順次戸籍に記載がされていきます。父母子子の順で一般に戸籍に記載されていますが、離婚をしたことでまず、母が戸籍から抜けます。子供は親権が父でも母でも、子の氏の変更をしない限りは、父の戸籍に入ったままになります。母が、離婚届と同時に77条の2、婚姻中の氏を名乗る届出をすれば、子供と呼び方の上では同じ氏のままでいられます。

 

 

しかし、離婚をしているため実質的には違う名前ということになります。そのため、母と同じ戸籍に子供達を入れて、呼称上も同じにしたい場合には、調停以外にも子の氏の変更の許可の審判も裁判所で求めなければなりません。親権が母方にあれば、生活する上で実質的な氏が違うことは不便ですという理由で、母方の氏にする許可は大方でます。子の氏の変更は、一人につき800円の印紙と子供が現在入っている父の戸籍と母の新しい戸籍があれば、手続きできますので地域の家庭裁判所へ相談されることをお勧めします。湖畔02


コメントを受け付けておりません。