裁判所による調停について

裁判所による調停

家事調停はの手続きと流れ


夫婦間での離婚や親権問題などの家事に関する問題を家庭裁判所で調停するのが、家事調停でして、その家事調停の流れですが、まず家庭裁判所に申し立てをします。この場合の家庭裁判所はお互いが同意し定めた家庭裁判所か、相手方の住所地を管轄している家庭裁判所になります。そしてその家庭裁判所で調停に関する手続きを取ります。

湖畔01

 

そして申立書が受理されると、家庭裁判所から呼び出し状が普通郵便で両方に届きます。そして呼び出し状に指定された期日に家庭裁判所に出頭します。それで出頭したら、調停用の部屋で原則として裁判官1名と男女各1名ずつの家事調停委員の仲裁による話し合いの場が持たれます。

 

 

この時、調停委員2名からなる調停委員会が、当事者から話を聞いて解決策を探ります。そしてお互いの合意を得られる解決策が見つかれば、合意が成立し、調停調書が作成されます。調停調書が作成されれば紛争は解決です。この時作成された調停調書は、相手が内容通りの事をしなければ、裁判所に訴えれば、強制執行をしてもらえます。

 

 

そして合意に至らなければ調停不成立として、裁判官による審判になります。しかし審判による判断は、当事者による異議申し立てが有れば効力を失い、本格的な裁判で決着をつけることになります。

 

 

家事調停の手続きと流れはこんな感じでして、ほとんどが調停で決まりますから、審判や裁判にまでなるのは少ないです。

 


コメントを受け付けておりません。