裁判所による調停について

裁判所による調停

民事調停の手続きと流れ


空-稲妻

民事調停手続きは、家庭の外で起きた法律上の問題やトラブルを当事者間で解決させることが困難になった場合に、裁判官と調停委員の介入のもとで解決を図る手続きのことです。手続きは原則として簡易裁判所で行われます。

 
民事調停手続きの流れを順に述べると、まず行わなければならないのは、民事調停の申立てです。申立ては簡易裁判所に直接行って申立書をはじめとした書類を提出するか、簡易裁判所あてに書類一式を郵送する形で行います。申立書以外に必要なものには、申立手数料分の収入印紙、相手方に書類を送付するための郵便切手、証拠書類の写し、印鑑が挙げられます。また、申立ての内容によってはこの他にも用意しなければならないものがあるので、申立てを行う場合は事前に裁判所へ問い合わせて必要書類を確認すると良いです。

 
裁判所は申立てを受理した後、最初の調停期日を指定し、当事者全てに対して出頭を求めます。調停期日が来たら当事者は裁判所へ出頭します。裁判所では調停委員が当事者全てから調停に至った経緯や主張などを聞き出しながら、合意可能な解決案を作成します。当事者全てが解決案に合意した場合、調停成立となり、調停調書が作成されます。調書は後日当事者全てに郵送され、当事者は調書の記載内容を履行しなければなりません。

 
1回の出頭で調停が成立しない場合は、次回の調停期日が指定されます。当事者は調停期日に再び裁判所へ出頭して話し合いを行います。話し合いを繰り返しても合意できず、合意が困難となった場合は調停不成立となります。不成立となった場合は、訴訟を起こし、裁判によって紛争の解決がはかられることになります。


コメントを受け付けておりません。