裁判所による調停について

裁判所による調停

債務整理の解決策として


“サラ金の返済が困難となった場合には、債務整理を行う事により負担を軽くする事が出来ます。債務整理には、任意整理や自己破産等の方法があり、それぞれに内容は異なっています。現在最も多くの人が選択する債務整理は、任意整理というサラ金業者と直接交渉を行い、返済額や返済方法を有利な条件に変更してもらうという内容です。空-虹

 

 

任意整理という名前が示すように、裁判所を通さずに行います。このために、複数のサラ金業者からの借入があるような場合は、全ての業者と交渉を行う必要はなく、有利な条件に変更してもらいたい業者を選択する様な方法も可能です。かなり自由度が高いという事が、この方法の魅力となっています。

 

 

ただし、業者側は必ずしも交渉に応じるとは限りません。つまり、借金の負担を軽減できない可能性があるという事です。この任意整理の弱点を改善したのが、特定調停という方法です。特定調停は、裁判所を通して行うので、任意整理よりも確実性が高くなります。

 

 

また、任意整理の場合は業者との交渉は弁護士や司法書士等に依頼するというのが一般的であり、費用が必要となります。これに対して、特定調停は裁判所という公的機関に依頼するので費用を低く抑えられます。債務整理を行う費用にも困っているような場合でも、選択できる方法です。


コメントを受け付けておりません。