裁判所による調停について

裁判所による調停

特定調停にはどんなメリットがあるか


債務整理を行う場合は、幾通りかの方法があります。代表的なものとしては、一定期間内で分割で返済を行う任意整理や、債務分を帳消しにする自己破産が挙げられます。それ以外に、自分で簡易裁判所に申立を行う特定調停というものもあります。

月01
この特定調停のメリットは以下のような点です。まず、自分で裁判所に申立を行うので、弁護士や司法書士に依頼した場合と比較すると、少額の費用でできる点が挙げられます。基本的に印紙代と切手代だけで、借入先の金融機関1社につき、1000円ほどしかかからない場合もあります。それから、現在の金利で計算をし直すため、債務額がかなり減らせることもあります。さらに、特定調停を行う相手を選ぶことができます。たとえば3社から借り入れている場合、金利の高い2社相手に調停を行い、金利の低い1社にはそのまま支払い続けることもできます。また、自己破産の場合にように官報に載ったり、借入理由によっては、かなり手続きに時間がかかったりすることもありません。

 
特定調停の流れは、決められた期日に裁判所に出頭し、調停委員を通じて、借入先、つまり債権者と今後の支払について話し合います。合意に達すると調停調書が作成され、それに従って返済を続けることになります。もちろん返済を行うわけですから、一定の収入があり、定期的に裁判所に通えるという条件が必要になります。


コメントを受け付けておりません。