裁判所による調停について

裁判所による調停

夫婦間や男女間の問題や財産の問題を解決


夫婦間や男女間が上手くいっているとき、一緒になろうとする時に、別れるときの問題や財産分与について考えることは稀です。

 

しかし、事前に準備をしておけば、いざ問題が発生した時に、自分の主張を通しやすいのも事実です。数年前から、熟年離婚が増えたと聞きますが、これはひとつには夫婦の婚姻期間により、年金の財産分与が受けられるようになったことが一因といいます。名義も共同名義にしておくことをお勧めします。

 

もし、片方の名義なら、名義が無い方は、財産の分割を請求できない恐れもあります。貯蓄、家、土地等、利用価値のあるものについては、名義を共同にしておくことをお勧めします。財産以外では、子供の問題があります。親権や養育費の支払い方法など、場合によっては、財産よりも揉めます。お互いに納得し解決できるのであれば、当人同士で話し合うのが一番ですが、実際は、当人同士で話し合っても平行線を辿ることが多いようです。

 

そういった状態が長く続くことは、お互い身体的、精神的にもダメージが大きくなりよくありませんし、間に挟まれた子供も心の傷を負いやすくなってしまうため、裁判の手続きをして、第3者に介入してもらい解決してもらうことも検討することが、問題解決の近道になるようです。月とロケット


コメントを受け付けておりません。